使い捨てカイロの期限切れって捨てるしかない?まだ使える?

使い捨てカイロの期限切れって捨てるしかない?まだ使える? 暮らし

使い捨てカイロで有効期限切れのものは、基本的にはまだ使うことができます。

ただ期限切れだと品質が悪くなる可能性があるため、温度が高くなり過ぎたり、持続時間が短くなる、という場合もあるんです。

(私は普通に使っていましたが…)

そのため、期限切れになってしまった使い捨てカイロを使う際は、十分に注意してくださいね。

期限切れのカイロは使うことができるのか、また、カイロの捨て方などを解説しますね。

>> うちヨガ+を公式サイトで見てみる

↓ スタジオでLAVAのヨガレッスンを受けたい方はこちら

>> ホットヨガスタジオLAVAを公式サイトで見てみる

使い捨てカイロの期限切れは温まらない?

使い捨てカイロで有効期限切れになってしまったものは、まだ使うことができます。

しかし保存状態によっては、高温になったり、保温時間が短くなってしまう可能性があるので、捨てた方が安心かもしれません。

でも、期限切れのカイロが大量に残っていて捨てるのがもったいない、という場合もありますよね。

そんな時は以下のことに注意して、期限切れのカイロを使いましょう。

火傷しないように直に肌に当てない

使い捨てカイロは、期限切れになっていると高温になってしまうことがあります。

そこで火傷をしないためにも、直に肌に触れさせないように注意して使いましょう。

熱い!と少しでも感じたら、すぐに使用をやめてくださいね。

また、貼れる使い捨てカイロの場合も、肌着一枚だけだと、カイロが高温になった時に火傷する可能性があります。

貼るタイプの場合は、もう1枚服の上からカイロを貼って使うと安全ですよ。

温度が不安定になるため温まらない可能性もあり

期限切れの使い捨てカイロは、保温時間が短くなってしまったり、温度が不安定になる可能性があります。

温まらない可能性も十分に考えられるんですね。

ということで、本当に寒さ対策をしたい時には、期限切れの使い捨てカイロは使わない方が無難です。

真冬に外出する際や、寒い時期に長時間外にいる時、もしくはペットを温めてあげる時などに使うのには適していないんですね。

お家の中で、服の上から腰やお腹などを温めるくらいなら使っても大丈夫です。

ただ本格的に暖をとりたい場合には、期限切れのカイロは不向きなことを覚えておきましょう。

以上の2つが、有効期限切れの使い捨てカイロを使う際の注意点です。

我が家にも、期限切れになってしまったカイロが結構あります。

今までは知らずに普通に使っていましたが、幸いトラブルはありませんでした!

でもこれからは、これらの注意点を押さえた上で使っていくようにします。

期限切れになってしまった使い捨てカイロを使うときは、気を付けてくださいね。

どうしても心配だったら、期限切れになったカイロは捨てた方が安心です。

↓ 捨てるのがもったいなければ、再利用する方法もありますよ。

使い捨てカイロの再利用方法!肥料(園芸)や脱臭・水質浄化まで!
使い捨てカイロの再利用には、園芸の肥料や、脱臭・除湿に使う方法があります。カイロの中身で水質浄化するというプロジェクトもあり、使い捨てカイロの寄付を募っているんですよ。この記事では、カイロの再利用の方法について詳しくご紹介します。

>> 宅配クリーニングの「リネット」を見てみる(公式サイト)

使い捨てカイロは何ゴミ?

期限切れの使い捨てカイロは何ゴミに分類されるかというと、地域によって異なります。

使い捨てカイロを捨てる際はまず、住んでいる自治体のゴミ分別表をチェックして、何ゴミかを把握しましょう。

私はてっきり、使い捨てカイロって可燃ゴミになるのかなと思っていました。

私が住んでいる地域では、使い捨てカイロは可燃ゴミとして捨ててOKなんですが、実は自治体によって、何ゴミになるかが違ってくると知って驚きました!

使い捨てカイロは期限切れのものでも、熱を発する物質が含まれているので、安易に何ゴミか判断して捨ててはいけなかったんですね。

しかも、使い捨てカイロって実は、成分の半分以上に鉄が含まれているんです。

そのため、自治体によっては不燃ゴミとして処分するように決められている場合もあるんですよ。

捨てる際は必ず、自治体のゴミ分別表を見ましょう。

使い捨てカイロで火事になる?正しい処分方法

基本的な使い捨てカイロの捨て方は、絶対にカイロの中身を取り出したりせずに、不織布(ふしょくふ)のまま、地域の指定のゴミ袋に入れて捨てましょう。

また、期限切れで未開封の使い捨てカイロの場合は、包装されている袋が何ゴミになるのかを調べてから、正しく分別して捨ててくださいね。

包装されている袋はプラや可燃ゴミで、使い捨てカイロそのものは不燃ゴミ、という場合もあります。

未開封のカイロは開封して発熱させ、熱が十分に冷めた状態になったら捨てれば問題ありません。

使い捨てカイロが発熱しているまま捨てた場合、火事になる危険性は低いです。

しかし高温になって、ゴミ箱(ゴミ袋)や入っているゴミが、熱で変形する可能性もあるので注意しましょう。

まとめ

使い捨てカイロは期限切れのものでも、使えないことはありません。

異常に高温になったり温度が不安定になったり、保温時間が短くなってしまうことがあることを覚えておきましょう。

期限切れの使い捨てカイロを使う場合は、火傷に注意しましょう。

逆に、温度が上がらない場合もあるので、寒さ対策にならない可能性も考えましょう。

そして使い捨てカイロは何ゴミになるのかは、地域によって異なります。

捨てる際は住んでいる自治体のゴミ分別表をチェックしましょう。

未開封の使い捨てカイロを捨てる際は、開封し熱を冷ましてから捨ててくださいね。

>> 動画配信サービスのU-NEXTを見てみる(公式サイト)

タイトルとURLをコピーしました