高齢者がペットを飼うならハムスターがおすすめ!事前の準備も必ず!

高齢者がペットを飼うならハムスターがおすすめ!事前の準備も必ず! 動物・ペット

高齢者がペットを飼うなら、そこまで世話やしつけを必要としない、ハムスターやモルモットを選ぶのが良いでしょう。

特に一人暮らしだと、孤独を感じてしまい寂しくなってしまいますよね…。

そんな場合には、ペットによって癒されるのがおすすめです。

でも、高齢者という年齢から、飼えるペットは限られてしまうもの。

そこで、高齢者がペットを飼うのならどんな動物がおすすめなのか、またペットを飼いたい場合、事前にしておくべきことを解説します。

スポンサーリンク

高齢者がペットを飼うならハムスターやモルモットがおすすめ

モルモット

高齢者がペットを飼うなら、ハムスターやモルモットがおすすめです。

多くの世話を必要としないことと、抱っこしたり触ったりすることで温もりをしっかりと感じられる動物だからです。

犬や猫は高齢者には不向き

確かに、犬や猫を飼うという選択肢もあります。

しかし犬や猫は、平均寿命が14~15年と比較的長いだけでなく、世話やしつけをするのも何かと大変です。

特に犬は、毎日散歩をさせないといけません。

高齢者が寝たきりの状態になったり、歩くことが困難になった場合は、飼い続けるのが難しくなるでしょう…。

また猫も、トイレの掃除などこまめな世話をしないといけない動物。

やっぱり体が思うように動かなくなりやすい高齢者には不向きなペットといえます。

ハムスターやモルモットならお世話しやすい

でもハムスターやモルモットなどでしたら、散歩もしつけも必要ありません。

ご飯と水をあげたり、ケージの中を定期的に清潔にしてあげたりするのは、高齢でも難しくないでしょう。

それにハムスターやモルモットは、平均寿命も短いんですよね。

ハムスターは種類にもよりますが、寿命はだいたい2.5年~3年ほどです。

そしてモルモットは5~6年ほどと、比較的ペットの中でも短い寿命なんですよ。

そのため、高齢者でも、きちんと最期までお世話をすることができるでしょう。

もしものことがあった時に、ペットが取り残されてしまうというのは本当にかわいそうですもんね…。

高齢者がペットを飼うことの効果

高齢者がペットを飼うということは、精神的にも癒しになるし、生きる活力が生まれてくるもの。

特に、毛が生えているモフモフとした動物をペットとして飼うことで、より癒しの効果が高まります。

そのため、高齢だけど何かペットを飼いたいと考えているのなら、ハムスターやモルモットなど、世話もしやすく寿命が短いペットを選びましょう。

ちなみに以前、私の友人の家でもモルモットを飼っていたのですが、世話は簡単だと話していましたよ。

ペットを最期まで責任を持って面倒をみるためにも、選ぶのは飼いやすく、また寿命が長くない動物にしましょう。

スポンサーリンク

高齢者でもペットを飼いたい!飼う前に考えるべきこと

高齢者でもペットを飼いたいという場合は、事前に次のことを考えておきましょう。

  • 自分にもしものことがあった後のためにペットの里親を探しておくこと
  • 自分が寝たきりになった時に面倒をみてくれる人を探しておくこと
  • 本当に最期まで面倒を見れるのかを考えておくこと

もしものことがあった後のためにペットの里親を探しておく

自分にもしものことがあった後に、ペットの飼育を引き継いでくれる里親さんを探しておきましょう。

ハムスターやモルモットなどに限らず、寿命が比較的長い犬や猫などを飼う場合も同様です。

犬や猫の場合は、なかなか里親さんが見つからないこともあります。

ペットを飼いたいならば、飼う前に里親になってくれる人を見つけておくと安心です。

もちろん、ハムスターやモルモットの場合も、里親を見つけておくべきですよ。

まだ体が十分に動かせるうちに、ペットの里親を探しておくと良いでしょう。

寝たきりになった時にペットの世話をしてくれる人を探しておく

高齢者という年齢になると、いつ寝たきりになってしまうかわかりません。

そのため、寝たきり状態になった時に、ペットの世話をくれる人も探しておくと良いですね。

もしホームヘルパーさんを利用するなら、ペットの世話もお願いしておくようにしましょう。

そうすればペットがいたとしても安心です。

最期までペットの面倒を見れるのか考える

本当にペットの最期まで面倒を見切れるのか、今一度よーく考えてみてください。

途中で世話をするのが面倒になったり、飽きてしまうことはありませんか?

ペットというのもやっぱり命なので、きちんと最期まで面倒をみなければいけません。

それができる、もしくは自分に万が一のことがあった時は、誰か別の人に飼い主になってもらう、ということをしっかり考えて、ペットを飼うかどうか決めてくださいね。

以上が、ペットを高齢者が飼うなら事前にしておくべきことです。

どんなに小さくてもペットは命であることには変わりません。

そのため、責任を持ってペットを飼うことを選択してくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

高齢者がペットを飼うなら、ハムスターやモルモットなど、比較的寿命が短い動物がおすすめです。

世話もそこまで難しくないので飼いやすいですよ。

ただしペットを飼いたいなら、飼う前に必ず、自分に何かあった時にペットの世話をしてくれたり里親になってくれる人を探しておきましょう。

また、本当に自分はペットの面倒を飽きたり嫌になったりせずに、最期まで見ることができるのか、ということをしっかりと考えてくださいね。

ペットも尊い命を持っている、ということをぜひ忘れないでください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました