(PR)

産後の食べ物でNGなのは何?逆に産後に良い食べ物は?

産後の食べ物でNGなのは何?逆に産後に良い食べ物は? 子育て

産後の食べ物でNGなのは、スイーツやカフェイン入りのもの、香辛料を多く使ったもの、生魚などの生ものです。

(基本的に、食べすぎなければ大丈夫ですよ)

これらの食べ物は、母乳の質を悪くしたり、肥満や食中毒を引き起こす可能性があることが理由です。

妊娠中に控えていたものとそう変わらないですね。

今回は、産後避ける食べ物と、産後の体に良い食べ物をご紹介します。

初めての出産を迎えたママは、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

産後に避ける食べ物とNGの理由は?

産後に避けた方がいいのは以下の食べ物です。

  • スイーツなどの甘い物
  • カフェインが含まれているチョコレート・抹茶のお菓子など
  • 母乳の味を悪くしてしまう香辛料
  • 食中毒になる可能性がある生もの

産後のママのために、避けた方がいい食べ物とNGの理由を解説しますね。

スイーツなどの甘い物

スイーツなどの甘い食べ物は絶対に食べるのがNGというわけではなく、食べ過ぎに注意をすべきものです。

というのも、産後はあまり運動ができないため、スイーツなど甘い食べ物をたくさん食べ過ぎてしまうと肥満に繋がってしまうことがあります。

また、食べ過ぎることで血液がドロドロになり、乳腺炎になってしまうこともあるんです。

そのため、甘い食べ物の過剰摂取は控えましょう。

もちろん、食べ過ぎなければ問題はないので安心してくださいね!

カフェイン入りのもの

コーヒーやお茶などのカフェイン入りの飲み物はもちろん、チョコレートや抹茶や紅茶味のお菓子などには、カフェインが含まれています。

母乳にその成分が混ざり、赤ちゃんもカフェインを摂取してしまうことになります。

適量なら問題ありませんが、妊娠中と同様、カフェイン入りの食べ物は控えめにしましょう。

カフェインレスコーヒー(デカフェ)やルイボスティーがあると安心ですね。

香辛料入りの食べ物

一般的に、カレーや四川料理、キムチ、エスニック料理など、香辛料をたっぷり使った食べ物は、母乳の味を悪くすると言われています。

赤ちゃんを母乳で育てている場合は、香辛料を使った食べ物はできるだけ避けるようにしましょう。

一方で、辛い食べ物でも全く問題ないという意見もあります。

適量なら食べても問題ないと思いますが、赤ちゃんにもよります。

(実際、私の甥は、ママがキムチを食べた後の母乳を拒否しました)

赤ちゃんが明らかに嫌がったり下痢などしないか、様子を見るようにしてくださいね。

生魚などの生もの

お寿司やお刺身などの生ものは、鮮度が良いものなら問題はありません。

しかし、鮮度が悪いと、食中毒になってしまう可能性があります。

特に、産後は体力や免疫力が落ちているので気を付けましょう。

授乳期間中は薬を服用することができないため、万が一食中毒になったら大変ですよね。

できれば、産後は火の通ったものを食べるのが安心です。

特に夏場は食品が傷みやすいので、生ものは控えたほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

産後に良い食べ物は?

手羽肉のロースト

産後に積極的に摂った方が良い食べ物は、大豆製品や鶏肉、根菜、加熱した魚類などです。

産後にいい食べ物をご紹介します。

大豆製品

納豆や豆腐などの大豆製品は、タンパク質やビタミンが豊富です。

母乳の質が良くなるだけでなく、産後で乱れてしまいがちなホルモンバランスも整えてくれます。

豆乳も産後の体にはとっても良いので、ぜひ定期的に摂り入れるようにしましょう。

鶏肉

鶏肉もたんぱく源としておすすめです。

中でも、胸肉やささみなどの高タンパクで低カロリーな食材は、栄養をしっかり摂取しつつ、肥満も防いでくれますよ。

ただし、揚げ物の摂りすぎには注意しましょう。

できれば、焼いたり煮たり、茹でたりして食べることをおすすめします。

揚げ物にするとどうしても脂っこくなり、産後に肥満になりやすくなるので控えめにしたほうがいいですね。

根菜

根菜の大根やニンジン、レンコン、イモ類などは体を温める効果があります。

また、ビタミンや葉酸などの栄養も含まれているため、産後の体を回復しつつ、母乳の質も高めてくれますよ。

産後の体には、生野菜を食べるより、煮物などにした野菜を積極的に食べましょう。

具沢山スープや、スープパスタなども、1品でたくさん栄養が取れるし体も温まっていいですね。

また、忙しいママには手軽な青汁もおすすめです!

>> 高橋ミカプロデュース!100%無添加&カフェイン0の青汁はこちら(公式サイト)

加熱した魚類

魚類に含まれるDHAを摂取すれば、赤ちゃんにも良い影響をもたらすでしょう。

また、魚に含まれるEPAは血液をサラサラにするため、乳腺炎の予防にも効果的です。

特に白身魚は脂質が少ないので、産後でも栄養を摂取しつつ、太るのも気にせず食べられますよ!

以上が産後に摂取した方が良い食べ物です。

これらの食べ物を積極的に摂れば、自分の体に栄養を与えつつ、健康的な母乳も出るでしょう。

赤ちゃんにも良い栄養を与えることができますよ。

スポンサーリンク

まとめ

産後に摂るのを控えたい食べ物は、スイーツなど甘い物やカフェイン入りのもの、香辛料を多く含むもの、そして刺身など生魚です。

これらは母乳の質を悪くしたり、肥満や食中毒を引き起こす可能性もあります。

授乳中はできるだけ食べないようにしてくださいね。

反対に、大豆製品や鶏肉、根菜、加熱した魚類は、産後の体に栄養を与えるだけでなく、母乳の質も良くするので積極的に摂るといいですよ。

産後に避けた方がいい食べ物は、絶対ダメ、というものではありません。

あまり我慢してストレスをため込まないようにしてくださいね。

また、産後は食事を作るのが大変なので、食材宅配やお惣菜などを活用して栄養バランスの良い食事を摂るのもおすすめですよ。

>> 食材宅配のお試しセットをヨシケイはこちら(公式サイト)

>> ママの休食「妊娠期や子育て中のママのための冷凍お弁当」を見てみる(公式サイト)

スポンサーリンク