部屋の湿度を下げるには?エアコンを使わない方法なら換気扇がおすすめ!

部屋の湿度を下げるには?エアコンを使わない方法なら換気扇がおすすめ! 暮らし

部屋の湿度を下げるには換気が重要です。

雨の日は、換気扇が役に立ちますよ。

扇風機やサーキュレーターと併用するのもgood!

それに加えて、湿気取りには新聞紙や重曹、炭などのアイテムも効果があります。

今回は、エアコンを使わないで部屋の湿度を下げる方法をご紹介します。

梅雨をはじめジメジメとした時期にはぜひお試しくださいね!

スポンサーリンク

部屋の湿度を下げる方法(エアコンを使わない方法)

部屋の湿度って、エアコンのドライ機能を使わないと下げられないイメージですよね。

でも、エアコンを使わなくても湿度を下げることができますよ。

部屋の湿度を効果的に下げる方法は、ズバリ換気です!

もし外が晴れていて湿度が低そうなら、窓を開けてしっかり換気をすると良いですよ。

窓を開ける際は、1ヶ所だけでなく、2~3ヶ所の窓を開けるようにして、風の通り道を作ってください。

するとジメジメとした部屋の空気を、十分に換気できるようになります。

雨の日に窓を開けるのはNG

ただ、部屋の湿度が高くてジメジメしている時期って、梅雨だったりすることが多いので、雨が降っている場合も多いですよね…。

もし外が悪天候なら、窓を開けて換気をすることは逆効果になってしまいます。

部屋の湿度を下げるのなら、換気扇を稼働させましょう。

悪天候にも関わらず、窓を開けて外気を部屋の中に入れてしまうと、外気の湿気を部屋の中に入れることになってしまうんです…。

すると部屋中余計にジメジメするし、最悪の場合カビが発生してしまうことも!

だからこそ、悪天候の場合は換気扇が最適なんです。

部屋の中にこもってしまった湿気を、効果的に下げることができますよ。

もちろん、エアコンを使わないでOKなので、とっても経済的です。

換気扇を稼働させても、エアコンのドライ機能を使うより電気代は全然かからないので、安心してくださいね。

我が家でも部屋の湿度を下げる時には、換気扇を稼働させるようにしていますよ。

ということで、エアコンを使わないで部屋の湿度を下げるには、換気を行うようにしましょう。

スポンサーリンク

換気扇に扇風機やサーキュレーターを併用するとよい

ちなみに換気扇だけでなく、扇風機かサーキュレーターを併用するとgood!

扇風機やサーキュレーターを換気扇の方に向けて稼動させれば、部屋の中の空気全体を換気扇に送り込むことができます。

併用することで、より効果的に部屋の湿度を下げることができますよ。

もし扇風機やサーキュレーターをお持ちなら、ぜひ併用してみてくださいね。

ジメジメとした部屋の湿度も下げることができて、カビが発生する心配もなくなりますよ。

ちなみに、私が以前住んでいたマンションは、かなり湿気がこもりやすい部屋でした。

換気をしないと、すぐにカビが生えてくることがありました…。

衣類やタンスなどにもかなりカビが生えてしまい、泣く泣く処分してしまった、という経験があるんですよね。

スポンサーリンク

湿気取りには重曹・新聞紙・炭も効果あり!湿度下げるグッズをご紹介

エアコンのドライ機能を使わない場合、湿気取りには新聞紙・重曹・炭も便利なグッズです。

エアコン以外にはもちろん除湿機もありますが、ここでは除湿機以外のアイテムについて解説しますね。

新聞紙

新聞紙には、湿気を吸収する効果があります。

梅雨の時期に洗濯物を室内干しにしているのなら、新聞紙を下に敷いておくと良いでしょう。

まず一度、新聞紙をクシャクシャにしてから広げて、部屋干しの洗濯物の下に敷いておくと、より効果的に部屋の湿気を吸収してくれますよ。

もちろん雨で濡れてしまった靴の中にも、クシャクシャにした新聞紙を入れておけば湿気取りができます。

新聞紙って何かと使えますよね。

新聞を取っているご家庭は少ないかもしれませんが、あるならぜひ試してみてくださいね。

重曹

掃除や洗濯などに使える重曹も、実は除湿や脱臭効果があるんです。

部屋の隅っこに、タッパーなどに重曹をたっぷり入れて置いておきましょう。

(もちろん、蓋は開けたままですよ)

そうすれば、換気扇がない部屋の湿気を下げることができます。

また重曹は、クローゼットや靴箱の中に入れておくと、湿気を吸収してくれるだけでなくニオイも除去してくれるのでとっても役立つんです。

重曹もあるとかなり便利なものなんですね。

我が家でも重曹は掃除のために常備してあるので、収納スペースの湿気取りにも活用してみようと思います!

備長炭などの炭は、脱臭効果があるだけでなく湿気取りの効果もあるんですよ。

ただし重曹や新聞紙と比べると、湿気の吸収効果は少ないんだそう。

湿気を取るためには、炭を多めに置く必要がありそうですね。

以上が部屋の湿気取りにおすすめのグッズです。

たしかに、エアコンのドライ機能や除湿機を使えば、部屋の湿気は簡単に下げることができます。

でも、エアコンや除湿機がない場合や極力使いたくない場合は、今回紹介した方法やアイテムを駆使して湿度を下げましょう!

スポンサーリンク

まとめ

部屋の湿度を効果的に下げるにはやっぱり換気が一番!

でも悪天候の時は窓を開けるのはNGなので、換気扇を稼働させましょう。

そして、新聞紙や重曹、炭なども活用すると、部屋だけでなく収納スペースの湿気を下げることも可能です。

エアコンを使わなくても、除湿機がなくても、ジメジメした空気とオサラバできるので、ぜひ実践してくださいね!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました