電子レンジの天井の焦げた汚れをきれいに取るにはどうすればいい?

電子レンジの天井の焦げた汚れをきれいに取るにはどうすればいい? 暮らし

電子レンジの天井に、ついうっかりこびりつかせてしまった焦げた汚れは、重曹水をレンジで3分加熱して、そのまま30分くらい放置した後、激落ちくんなどで拭き取ればとっても簡単に除去できますよ!

電子レンジの天井ってあまり掃除する頻度が少ないため、結構焦げ汚れがこびりついていることが多いんです…。

しかもその焦げ汚れは頑固で、なかなか落とすことができないもの。

でも、今回紹介する方法を実践すれば、電子レンジの天井の焦げも見事に落とせるので、ぜひお試しくださいね!

電子レンジの天井の焦げの落とし方だけでなく、レンジの天井が汚れてしまう理由や、焦げをなるべく付着させない予防策など、役に立つ工夫をお教えします。

>> ミネラルファンデーション お試しセットを見てみる(ETVOS公式)

電子レンジの天井の焦げは重曹と激落ちくんなどできれいに!

電子レンジの天井にうっかり付着させてしまった厄介な焦げ…。

簡単に除去するには、耐熱容器に水を200ml入れ、そこに重曹を小さじ2杯入れてよく混ぜて溶かしたら、それを電子レンジで3分間加熱し、30分間放置してからメラミンスポンジで天井を拭き取るだけ!

どうでしょう?頑固な焦げを落とす工夫にしては、かなり簡単ではないでしょうか?

ではより詳しく、電子レンジの天井の焦げをとってもキレイに除去する手順を解説しますね。

1)耐熱容器に重曹水を作る

最初に、耐熱容器に水200mlとそして重曹を小さじ2杯を入れてよく混ぜます。

すると重曹水が完成しますよ。

2)電子レンジで重曹水を3分加熱する

電子レンジに重曹水を入れてだいたい3分間、加熱しましょう。

すると電子レンジの庫内の中で重曹水がはじけていき、こびりついてしまった汚れを浮かせてくれます。

3)そのまま30分間、電子レンジのドアを開けずに放置する

そのまま30待ちましょう。

重曹水が電子レンジの庫内に十分に行き渡り、天井部分に付着しているすっごく頑固な焦げ汚れも、しっかりと浮かせてくれますよ。

4)水で濡らして絞ったメラミンスポンジで庫内を拭く

30分経ったら、電子レンジのドアを開けて重曹水が入った容器を取り出します。

水で濡らして硬く絞ったメラミンスポンジ(激落ちくんなど)を使って、電子レンジの天井をはじめ、レンジの内側全体をよーく拭き掃除してくださいね。

そうすれば頑固な焦げもしっかりと、そしてとってもキレイに落とすことができます。

以上が、電子レンジの天井の焦げを落とす手順です。

重曹は、油汚れなど焦げ汚れを分解するのに有効だし、メラミンスポンジを使えば、より効果的に焦げ汚れを落とすことができるでしょう。

私も、電子レンジに焦げ汚れを発見した時は、重曹水とメラミンスポンジでお掃除します。

激落ちくんって本当に汚れ落ちが良いので、常備しておくと何かと掃除に役立つんですよね。

私個人的にもかなりおすすめですよ!

>> お掃除の事なら何でもおまかせ!おそうじ革命を見てみる(公式サイト)

電子レンジの焦げが落ちない…そもそもナゼ焦げる?

電子レンジの天井に、やたらと頑固で厄介な焦げ汚れが付着してしまうのはなぜでしょうか。

それは、加熱した時に、料理の吹きこぼれた汁や油などが天井に付着してしまい、そのまま汚れを拭き取らずに何度も加熱をしてしまうからなんです。

確かに電子レンジで料理を温める際、うっかり加熱し過ぎで拭きこぼしてしまうことってありますよね…。

たまに爆発してしまうことも…。

私も、煮物とか汁気の多い炒め物などを電子レンジで加熱し過ぎて、電子レンジの庫内中に汁気を飛ばしてしまったことがあります。

その時は汚れを拭き取ったつもりでも、完全には拭き取れていなかったんですね。

そのため、天井に残った汚れが焦げとなり、いざキレイにしようとしても、なかなか落ちない頑固な焦げ汚れになってしまったんです。

焦げついた汚れって、電子レンジに限ったことではないのですが、とにかく頑固で落としにくいもの。

そのため、電子レンジの天井に汚れがこびりついてしまった場合は、先ほどご紹介したような工夫が必要になります。

>> 有機野菜の宅配 ビオ・マルシェを見てみる(公式サイト)

電子レンジの天井の焦げを予防するには?

どうしても電子レンジの内側って、なかなか掃除する頻度が低いもの…。

しかし、電子レンジの天井にあの厄介な焦げ汚れを付着させないようにするには、こまめに庫内を拭き掃除することが最も効果的です。

掃除を怠ってしまうと、吹きこぼれた汁などの汚れがこびりつき、焦げとなって知らぬ間に天井に残ってしまうんですよ。

そうなってしまわないためにも、電子レンジの中がちょっとでも汚れたら、すぐに濡らしたふきんなどでサッと拭き掃除をしておくと良いでしょう。

すると汚れが残らないので、焦げができる心配もなくとっても安心ですよ。

やっぱり、気が付いたらすぐに拭くのがベストなんですね。

見た目にも汚くて不衛生な感じですもんね。

私も、電子レンジの汚れはこまめに拭き取るように気を付けます。

いくら焦げを落とす方法が簡単だとしても、頑固な焦げ汚れができてしまうと厄介ですからね…。

あなたのご家庭でも、電子レンジの庫内は、汚れたらすぐに拭き掃除を習慣づけるといいですよ。

もちろん、ターンテーブルも洗うようにするとさらに良いですね。

まとめ

電子レンジの天井が焦げてしまうのは、加熱した料理の汁気がはねてしまい、それを更に加熱したことで焦げとなってしまったから。

でもそんな頑固な焦げ汚れも、重曹水を3分電子レンジで加熱して30分放置した後、メラミンスポンジで電子レンジの天井を水拭きすれば、とってもキレイにできますよ。

また、電子レンジの天井のみならず、内側全体が料理の加熱により汚れてしまったら、すぐに拭き掃除をすることで、汚れが焦げになってしまうことを予防できます。

なるべくこまめな拭き掃除を心掛けていきましょう!

>> ファンケルの発芽米 お試しセットを見てみる(公式サイト)

タイトルとURLをコピーしました