PR

茄子の黒い種と斑点、安心して食べる方法

なす

茄子を家で切ってみると、時々「黒い斑点」や「多数の黒い種」が目につくことがありますよね。

これらは果たして食べても大丈夫なのでしょうか?

今回の記事では、茄子の種がなぜ黒く変色するのか、そして新鮮な茄子を見分ける方法について解説します。

スポンサーリンク

新鮮な茄子の特徴:切り口はクリーム色

茄子を切った時に黒い種が見えることがありますが、これは鮮度が下がってきているサインの可能性があります。

新鮮な茄子は切り口が白く、種がクリーム色で目立たないのが通常です。

時間が経つと茄子は水分を失い、種が黒く変色することがあります。

この変色は鮮度の目安となります。

しかし、種が黒くなったとしても、それだけで食べられなくなるわけではありません。

加熱すると種の食感が少し気になることがありますし、新鮮な時の味と比べると風味が落ちることもありますが、腐っているわけではないので、安心して食べられます。

また、切り口に黒い斑点があることもありますが、これも種の変色によるものです。

食感は多少変わるかもしれませんが、食べられないわけではありません。

スポンサーリンク

茄子が茶色く変色してしまったときの対応策

時々、茄子を切ってみると種の周辺や果肉が茶色く変わっていることがあります。

この変色は、種だけでなく茄子全体に影響を及ぼすことがあります。

茶色く変色した茄子は食べられますが、通常の柔らかくて美味しい食感が損なわれることがあります。

その上、苦味やエグみが強まることもあります。

この変色の原因の一つが「温度」です。

茄子は暖かい気候のインドが原産で、冷蔵庫のような低温環境には弱いです。

低温で保管することで、茄子は呼吸が困難になり、果肉が柔らかく変色することがあります。

見た目は普通でも、切ってみると中が茶色になっていることがよくあります。

家庭で冷蔵庫で保管していた茄子が茶色くなってしまった場合、そのまま食べるか茶色い部分を取り除いてから食べることをお勧めします。

また、購入した時点で変色していた場合は、店舗によっては交換や返金してくれることがあります。

スポンサーリンク

茄子が腐るサインとその対応

茄子が腐るとどんな兆候があるのでしょうか?茄子は内側から腐り始め、皮が茶色く柔らかくなることが一般的です。

これは内部の腐敗が進んでいることを示しています。

切ってみたときに皮や中身が茶色い場合、味や食感が落ちているので食べない方が良いでしょう。

さらに腐敗が進むと、茄子は溶けるようになり、不快な臭いがすることや、カビが生えることもあります。

これらの兆候が見られる前に、早めに使い切ることが大切です。

スポンサーリンク

新鮮な茄子の見分け方

新鮮な茄子を選ぶためのポイントはいくつかあります。

ガクのトゲチェック

ガクのトゲが指に刺さるくらい痛いものは新鮮な証拠です。

少しの痛みを感じるのも、新鮮な茄子を見つけるための重要なポイントです。

皮の質感

新鮮な茄子は皮が黒々としてハリがあります。

実がしっかりとしているものを選びましょう。

ヘタの状態

ヘタの切り口がみずみずしく、ヘタの筋がしっかりしている茄子は、熟しており美味しい証拠です。

茄子の首の太さ

茄子のヘタの下の部分、いわゆる首が太いものはよく熟しています。

早めに収穫された茄子は首が細くなりがちです。

スポンサーリンク

まとめ

茄子の種や斑点が黒く見えるのは、その茄子が古くなってきていることを意味します。

種の黒ずみは鮮度の低下を示していますが、これでも食べることは可能です。

ただし、食感や味わいに多少の劣りが出るかもしれません。

さらに、茄子が切り口で茶色に変色している場合は、それが低温による影響であることが多いです。

インド原産の茄子は低温に敏感で、冷蔵庫での保管は茄子の呼吸を妨げ、果肉の変色を引き起こすことがあります。

このような場合、食感は低下しますが食べられる状態は保たれます。

しかし、苦味やエグみが強まることがあります。

また、茄子が腐り始めると茶色くなり、溶けたりカビが生えたりするので、その場合は白い部分だけを食べると良いでしょう。

新鮮な茄子を選ぶ際のポイントは、以下の4つです。

  • 皮が黒く、ハリと固さが感じられる
  • ヘタのトゲが触ると痛い
  • ヘタにはっきりした筋があり、切り口がみずみずしい
  • ヘタの下の首部分が太い

これらのポイントを押さえておけば、炒め物や和え物、漬物など、あらゆる料理を美味しく楽しめます。

スポンサーリンク
error: