ワイシャツの黄ばみってキッチンハイターで落とせる?

ワイシャツの黄ばみってキッチンハイターで落とせる? 暮らし

ワイシャツの黄ばみは、色柄物でなければキッチンハイターを使って落とすことができます。

どうしてもワイシャツを着ていると、えり周りや袖口などに黄ばみ汚れが出来てしまい、普通に洗濯しただけではなかなか落とせませんよね…。

そんな時に役立つのがキッチンハイター。

ただしキッチンハイターは比較的強い漂白剤なので、使い方をしっかりと把握しなければいけません。

ということで今回は、ワイシャツの黄ばみを落とす、キッチンハイターの正しい使い方と、キッチンハイターを使えない場合の黄ばみの除去方法をご紹介します。

>> 銀座カラーを見てみる(公式サイト)

ワイシャツの黄ばみってキッチンハイターで落とせる?

ワイシャツは、色や柄がなく真っ白なものなら、キッチンハイターで黄ばみを落とすことができます。

※ただし、ワイシャツに塩素系は使えないと表示がある場合はNGなので確認しましょう

では、使い方をくわしく解説しますね。

1)ぬるま湯にキッチンハイターを溶かす

手荒れ予防に、ゴム手袋の使用をおすすめします。

まずは、ぬるま湯を洗面器や洗い桶、もしくは洗面台などに張ってください。

水よりもぬるま湯の方が、キッチンハイターの効果が出るのでおすすめですよ!

キッチンハイターのボトルに表示されている規定量は、5リットルの水にキャップ1.2杯(約25ml)。

適切な量を入れてぬるま湯に溶かすようにしましょう。

原液のまま使うのは、変色などの恐れがあるのでダメですよ!

2)ワイシャツを入れて30分くらいを目安に浸けおきする

ぬるま湯にキッチンハイターを溶かしたら、ワイシャツをその中に入れて約30分、浸けおきしてくださいね。

汚れがひどい時は、少し長めにつけ置きしてもOKです。

ただし、くれぐれも目安の時間を守ること。

あんまり長時間ワイシャツを浸けおきしてしまうと、生地が傷む可能性があるので注意しましょう。

3)30分ほど経ったら軽くすすぎ、いつも通り洗濯する

30分ほど経ったら、ワイシャツをかるくすすぎ洗いをして、いつも通り普通にお洗濯をしてください。

するとワイシャツの厄介な黄ばみ汚れも、しっかり落とすことができますよ。

ただし、キッチンハイターは強力な漂白剤なので、使う際は必ず部屋の窓を開けるなどして、換気をしてくださいね。

ワイシャツをすすぐ時も、ゴム手袋を着用しておくと安心です。

そして、キッチンハイターはくれぐれも、他の洗剤と混ざらないように注意して使いましょう。

他の洗剤が混ざってしまうと有毒なガスが発生するので、とっても危険ですよ!

これらの注意点を守れば、しっかりと白いワイシャツの黄ばみを落とせます。

キッチンハイターってかなり便利!

私も夫のワイシャツに頑固な黄ばみ汚れが付着したら、キッチンハイターを活用して落とすようにしてみます。

ぜひ活用してワイシャツの白を取り戻しましょう。

>> ダニ捕りロボを見てみる(公式サイト)

色柄物のワイシャツの黄ばみはオキシクリーンで

ワイシャツに色や柄がある場合、キッチンハイターを使うのはNG!

色柄物のワイシャツに付着した黄ばみを除去するには、オキシクリーンなどの酸素系漂白剤を使いましょう。

というのも、色や柄のあるワイシャツにキッチンハイターを使ってしまうと、色落ちしたり変色したりすることがあるんですよ…。

私も以前、うっかり色柄物のスカートにキッチンハイターを付着させてしまい、変色してしまったという経験があるんです。

色柄物のワイシャツの黄ばみを落とす場合は、オキシクリーンを活用してくださいね。

では、オキシクリーンを使った黄ばみ除去方法を詳しく解説します。

1)40~60℃のお湯にオキシクリーンを入れて溶かす

オキシクリーンを使う場合は、40~60℃の熱めのお湯を使うのが効果的。

オキシクリーンの規定量は、4リットルの水にキャップor付属スプーン1杯(約28ml)です。

キッチンハイターの時と同じように洗面器や洗い桶などにお湯を張り、オキシクリーンを入れて溶かしましょう。

肌の弱い方はゴム手袋をすると安心です。

2)色柄物のワイシャツを入れて30分浸けおき洗いする

しっかりとオキシクリーンを溶かしたら、黄ばみ汚れがこびりついてしまった色柄物のワイシャツを入れて十分に浸し、30分間浸けおきしてください。

かなり頑固な汚れがある場合は、ゴム手袋を装着したまま、軽くワイシャツをもみ洗いするとより効果的。

3)30分経後いつも通りにワイシャツを洗濯する

浸けおき洗いしてからだいたい30分経過したら、ワイシャツを軽く絞って、いつも通り洗濯しましょう。

そうすれば厄介な黄ばみ汚れも落とすことができますよ。

オキシクリーンはキッチンハイターとは違い、強力な漂白剤ではないので、比較的安全に使うことができます。

オキシクリーンってかなり洗濯に役立つんですね。

我が家でもオキシクリーンを活用したくなりました。

ちなみに、30分間浸けおき洗いをしても、まだ黄ばみ汚れが落ち切っていない場合は、浸けおき時間を30分プラスして1時間浸けおきすると良いですよ。

汚れの度合いに合わせて、浸けおき時間を長くしましょう。

ゴシゴシとこすり洗いをしなくても、簡単に黄ばみを落とせるので、ぜひオキシクリーンを活用してくださいね!

まとめ

白いワイシャツは、キッチンハイターを溶かしたぬるま湯に浸けおきすることで、黄ばみを除去できます!

ただし、換気することや付け置き時間を守ること、他の洗剤と混ぜないことに注意しましょう。

色柄物のワイシャツの場合はキッチンハイターを使うことができないので、オキシクリーンをお湯に溶かして浸けおき洗いをしてください。

ワイシャツの色や柄の有無によって、キッチンハイターかオキシクリーンか、使い分けると良いですね!

>> 脱毛サロンKIREIMOを見てみる(公式サイト)

タイトルとURLをコピーしました