スポンサーリンク

自転車に乗れない高校生は恥ずかしい?乗れるようになるべき?

自転車に乗れない高校生は恥ずかしい?乗れるようになるべき? 暮らし

結論からいうと、自転車に乗れない高校生は恥ずかしくはありませんよ。

確かに自転車って、大多数の人が乗れるようになるもの、という印象が強いですね。

でも、自転車に乗りたくない、別に必要ないという考えがあるのなら、高校生で乗れなくても全く問題はありません。

乗らなければ事故を起こすこともないので安心です。

でもやっぱり自転車に乗りたいということなら、高校生でも、大人になってからも、練習すれば乗れるようになりますよ。

スポンサーリンク

高校生で自転車乗れないって恥ずかしい?

高校生で自転車乗れないことは、恥ずかしいことではないので安心してくださいね。

そもそも自転車に乗るということは、自分の意思で決めることなので、乗りたくない、乗る必要がないと思っているのなら、無理してまで乗る必要はありません。

実をいうと、私も自転車には乗れないです。

でも、それで今まで全く困ったことはありません!

また、長崎県では意外にも、自転車に乗れないという人が結構いるんです。

というのも、長崎県では坂や階段が国内でも比較的多いため、自転車に乗って移動する、ということがとっても大変になってしまうんですね。

そのため、長崎県民は自転車に乗れない、または乗らないという人が多いんです。

もしあなたが自転車に乗りたいと思うのなら、今からでも練習すればいいでしょう。

しかし、別に乗りたいとは思わない、乗る必要性を感じないのなら、乗れるようにならなくたって良いんです。

スポンサーリンク

自転車に乗れないのは障害を持つ人の場合も

ちなみに、聴覚障害や発達性協調運動障害を持つ人も、基本的には自転車には乗ることが困難です。

私の姉も聴覚障害者なのですが、車のクラクションなどの音が聞き取ることができない、という事情もあり、自転車に乗れないのですよ。

私自身も、発達性協調運動障害があるため、自転車はもちろん、車の運転もできないんですよね。

もしあなたも運動が極端に苦手で、自転車にも乗れないのなら、発達性協調運動障害である可能性を疑ってみると良いでしょう。

でも、障害があるからといっても、全然恥ずかしいことではないので、自転車に乗れなくても、ぜひ堂々としていてくださいね。

>> オルビスの1食おきかえダイエット♪プチシェイクを見てみる(公式サイト)

自転車乗れない…乗らなくても大丈夫な理由

自転車に乗れない、というか乗らない方が、自分自身が事故の加害者になってしまうこともなくなるので安心です。

自転車に乗っていて、ついうっかりよそ見をしていたり、スマホをいじっていたり、スピードを出し過ぎていたりすると、誰かにぶつかってケガをさせてしまう可能性もあります。

また、人ではなく車など物に傷を付けたり壊してしまう場合もあるでしょう。

自転車って気軽に運転する、というイメージですよね。

でも、油断していると、誰かを傷つけてしまうケースも十分にあり得ます。

事故のことを考えても、自転車には無理してまで乗る必要はないし、乗れない場合でも大丈夫なんですよ。

確かに自転車事故も結構多いですよね…。

私自身も普通に歩道を歩いていて、後ろから自転車に激突されたこともあります。

また、私の友人は、自転車に乗っていてスピードを出し過ぎてしまい、近所の家の前に停車していた車を傷つけてしまったことがあると話していました。

自転車に乗るのも結構危険なんです。

絶対に事故の加害者になりたくないのなら、自転車には乗らない方が安心かつ安全です。

高校生でも、ヘタをすれば自転車事故の加害者になってしまうことだってあり得ます。

自転車の運転に自信がないという気持ちがあるのなら、ぜひこれからも乗らないでおきましょう。

そうすれば、誰も傷つけることもなく暮らしていけますよ。

>> ミュゼプラチナムを見てみる(公式サイト)

自転車に乗れない…高校生や大人が練習するには?

どうしても自転車に乗りたいのなら、高校生でも、大人になってからでも、練習すれば十分に乗れるようになります。

確実で手っ取り早いのは、自転車教室に行くことですが、勇気がいりますよね。

自分で練習する場合は、ペダルを漕ぐのではなく、まずは自転車にまたがって歩くようにしてください。

自転車の練習って、何度も乗って漕いで転んで、を繰り返すというイメージが強いです。

しかしまずは、自転車に乗ったらペダルを漕がずに歩きましょう。

その時の乗り方ですが、足が地面につくまで自転車のサドルを下げてまたがります。

(可能ならペダルを外して練習しましょう)

そしてそのまま歩くようにして、自転車を前に進めていきましょう。

自転車に乗ることに恐怖心を抱かなくなったら、足で地面を蹴って進ませ、バランスを取る練習をしましょう。

その後、片足だけペダルに乗せて…と、少しずつ自転車に乗ることに慣れていくと良いですよ。

十分にバランス感覚を覚えたら、両足をペダルに乗せて、漕いで前進する練習をしてくださいね。

そうすれば高校生になってからでも、自転車に乗ることができるようになりますよ。

ただし自転車の練習をするのは、公園の中や家の敷地内など、広くて舗装された安全な場所で行うようにしてくださいね。

また、自転車に乗れるようになったら、よそ見をしたりスマホを見るなどの行為はしないこと。

そしてスピードの出し過ぎにも気を付けましょう。

事故の加害者にならないよう、くれぐれも気を付けてくださいね。

いざという時に自転車のブレーキが効かない、ということがないように、定期的なメンテナンスも忘れずに!

自転車に乗ると決めたなら、自分は油断していると誰かを傷つける可能性もある、ということを頭の中にしっかり入れ、運転中も交通ルールを正しく守りましょう。

スポンサーリンク

自転車に乗れない高校生 まとめ

自転車に乗れない高校生がいたって、ちっとも恥ずかしくはありませんよ!

自分が乗りたくない、乗る必要性を感じない、と思っているのなら、無理してまで自転車に乗ることはありません。

実際、自転車に乗れない大人も少なくないので安心してくださいね。

それに、自転車に乗らない方が、事故の加害者になる可能性もないのでより安全ですよ。

ただ、どうしても自転車に乗れるようになりたい場合は、まずは自転車にまたがってバランス感覚を掴む、という練習をしていくと良いでしょう。

そして自転車に乗れるようになったら、くれぐれも運転中は気を緩めずに、しっかりと交通ルールなども守り、自転車自体も定期的にメンテナンスをしていくことを忘れずに!

>> 脱毛サロンKIREIMOを見てみる(公式サイト)

タイトルとURLをコピーしました