冷やし中華にもう一品!献立におすすめの料理をご紹介! 

冷やし中華にもう一品!献立におすすめの料理をご紹介! 

冷やし中華にもう一品追加するなら、ポテトサラダやマカロニサラダ・カボチャの煮つけ・肉じゃが・焼きナス・ホイコーロー・チンジャオロース・コロッケ・アジフライがおすすめです。

また、餃子やシュウマイ・春巻き・から揚げなども合うおかずですよ。

確かに冷やし中華だけだと、ちょっと食卓が寂しいですよね…。

ということで今回は、冷やし中華でもう一品プラスするなら、どんな料理が良いのかを詳しくご紹介していきます!

ぜひ冷やし中華を作った際には、参考にしてくださいね。

冷やし中華にもう一品なら合うおかずは?

冷やし中華にもう一品プラスするなら、ポテトサラダやマカロニサラダ・カボチャの煮つけ・肉じゃが・焼きナス・ホイコーロー・チンジャオロース・コロッケ・アジフライがおすすめ。

もしくは、餃子・シュウマイ・春巻き・唐揚げなども、冷やし中華に加えることで栄養バランスが良くなるし、ボリューミーになりますよ!

ではより詳しく、冷やし中華にプラスすると良い、もう一品料理をご紹介します。

ポテトサラダ

冷やし中華には、キュウリやトマトなどの野菜が入っていることが多いので、もう一品にするサラダは、ポテトサラダなど食べ応えのあるものがおすすめ。

お子さんも喜ぶ献立になるので、個人的にもすごくイチオシの、もう一品料理です。

マカロニサラダ

マカロニサラダもポテトサラダ同様、ボリューム感が出るしお子さんも喜びます。

レタスやグリーンピースなども加えたマカロニサラダを作れば、栄養面でもバッチリ、バランスがとっても良くなるでしょう。

カボチャの煮つけ

冷やし中華はさっぱり系の料理なので、カボチャの煮つけのようなちょっとコッテリ系の煮物があるとバランス的にもGOODですよ。

箸休めにもなるので、カボチャの煮つけは冷やし中華に合うおかずでしょう。

肉じゃが

冷やし中華には、肉じゃがも意外と合うのでおすすめ。

肉じゃがには絹さやと玉ねぎも入れれば、より栄養バランスが良くなりますよ。

焼きナス

野菜を中心にもう一品を考えたいなら、焼きナスを作るのがベスト!

ナスはちょうど夏場が旬だし、冷やし中華とも相性がいいので、美味しく食べることができるでしょう。

ホイコーロー

冷やし中華は中華料理なので、ホイコーローをもう一品にすれば相性はとっても良いですよ。

しかも肉と野菜をバランス良く摂れるので、栄養面でもバッチリなんです。

チンジャオロース

チンジャオロースもホイコーロー同様、肉と野菜を多めに使うので、冷やし中華では補えない栄養を補給できます。

しっかりと栄養が摂取できれば、夏バテ防止にも繋がるので安心ですね。

コロッケ

冷やし中華ってあっさり系の料理なので、ちょっと揚げ物が欲しくなるところ。

そこで、コロッケをもう一品にプラスするのもいいですよ。

そうすればボリューム感も出るし、満足できる献立になります。

アジフライ

アジフライは揚げ物として美味しく食べることができるだけでなく、アジの栄養も摂取できてより健康的!

さっぱりとした冷やし中華とも相性が良いので、美味しく食べられますよ。

餃子

冷やし中華には、実は餃子も合うんです。

冷やし中華のタレに餃子をつけて食べても美味しいし、餃子は野菜をたくさん使っているので、栄養面も良いでしょう。

シュウマイ

同じ中華料理同士なので、シュウマイも相性的にはOK!

お子さんも喜ぶ組み合わせなので、おすすめですよ。

作るのが面倒な時は、冷凍のシュウマイでパパッと用意してしまいましょう。

春巻き

春巻きも、あっさり系の冷やし中華と合うもう一品料理。

揚げ物だし、具材にいろんな食材を使っているため、栄養的にも良いですね。

春巻きも作るのが大変なら、冷凍を活用すると良いですよ。

唐揚げ

お子さんが特に喜ぶのは唐揚げ!

とってもボリューム感が出るし、肉の栄養を摂取できるので夏バテ知らずになりますよ!

以上が、冷やし中華におすすめしたいもう一品料理です。

確かにどれもとっても美味しそうな組み合わせですね。

ぜひこれらのもう一品料理を参考にして、献立を考えていきましょう。

>> ホットヨガスタジオLAVAを公式サイトで見てみる

↓ オンラインヨガもありますよ

>> うちヨガ+を公式サイトで見てみる

冷やし中華に味噌汁の献立ってアリ?

冷やし中華はどうしても体を冷やしてしまいがちな料理なので、味噌汁を付け加えるのは断然アリですよ。

味噌汁があると、冷やし中華で冷えた胃腸もしっかり温めてくれるので、胃腸に負担をかけることもないでしょう。

でも冷やし中華自体、作るのに手間がかかるので、おかずも味噌汁も作るとなると結構面倒になりますよね…。

そんな時はインスタントの味噌汁をプラスしてもOK!

たとえインスタントでも、しっかりと胃腸を温めてくれるのでおすすめですよ。

ぜひ、冷やし中華を食べる際には味噌汁をプラスするようにしましょう。

特にダイエット中の場合は、冷やし中華だけを食べて内臓を冷やしてしまうのは禁物。

内臓を冷やしてしまうと、脂肪も燃焼しにくくなってしまうので、ダイエット中ならぜひ味噌汁をプラスすることをおすすめします。

私も現在ダイエット中なので、冷やし中華を食べる際は極力、温かい味噌汁を付け加えるようにします!

>> オルビスの1食おきかえダイエット♪プチシェイクを見てみる(公式サイト)

冷やし中華の具なしってアリ?

冷やし中華って、何気に具なしも人気があります。

具なしが好きな人の意見をまとめました。

  • つるつるシコシコの麺とタレだけが美味しい!
  • 麺とタレでだけで味わいたい(具が邪魔)
  • 具があると味が混ざるのが好みではない
  • 麺と野菜の水分でタレの味が薄くなるのが苦手
  • 具なしがいいので外では食べない(または具を端によけて食べる)
  • 子供がいる手前、具は乗せるけど本当は具なしがいい!

麺とタレだけの味が好きという意見が多いですね。

具なしでマヨネーズをかけて食べるのが好きという人もいますが…。

もう一品や味噌汁が付くのなら栄養も取れるし、具なしでもアリですよね!

家族で食べるなら、具材を並べて、好きなものを麺にトッピングして食べるのも楽しそうです。

具なしが好きな人は、堂々と具なしで食べて、野菜はサラダとして食べてもいいですよね。

私も、最後の方に冷やし中華の味が薄くなるのはちょっと残念です。

そのため、冷やし中華はつい急いで食べてしまいます。

具なしの冷やし中華は、1人暮らしをしていた頃に1回くらいしか食べた記憶がないですが、確かにおいしいかったです。

(たま~に、一切具なしのインスタントラーメンを食べたくなる感じとも似てるかも…)

近所の中華料理店の定食で、付け合わせに具なしの冷やし中華が出たことがあります。

こちらはめんつゆにつけて食べるタイプでした。

めんつゆなので、冷やし中華とはちょっと違うと思いますがとてもおいしかったです。

ざるうどんが中華麺になった感じですが、調べてみると、ざる中華という料理なんですね。

まとめ

冷やし中華にもう一品足すなら、ポテトサラダやマカロニサラダ、カボチャの煮つけ、肉じゃが、焼きナス、ホイコーロー、チンジャオロース、コロッケ、アジフライがおすすめ。

他にも、餃子やシュウマイ、春巻き、唐揚げもプラスすると良いですよ。

そして、冷やし中華だけだと胃腸を冷やして負担をかけてしまうし、ダイエット中なら脂肪が燃焼しにくくなるので、できれば味噌汁を付け加えましょう。

おかずと一緒なら、具なしの冷やし中華もありですね!

関連記事

冷やし中華でハムの代わりには何が使える?変化球具材もご紹介!
冷やし中華でハムの代わりに使えるのは何かというと、鶏の胸肉をほぐしたものや焼豚、もしくはカニカマ、豚バラ肉などです。また、いつもの冷やし中華に飽きてしまった時のために、変わり種の具材のおすすめもご紹介します。

>> エアコンクリーニングや家事代行・不用品回収に引っ越しまで!暮らしのことなら何でもOK♪暮らしのマーケットを見てみる(公式サイト)

タイトルとURLをコピーしました