箱型筆箱はいつまで使う?買い替えの時期と頻度もご紹介!

箱型筆箱はいつまで使う?買い替えの時期と頻度もご紹介! 暮らし

箱型筆箱はいつまで使うかというと、だいたい小学校低学年くらいまです。

中には、物持ちがよくて高校生でも使ってる!なんて話もあるようですが、中学年以上になってくると、ファスナー付きの筆箱に買い替えるようになってきます。

確かに箱型筆箱って、小学校低学年くらいまでの子供が持っているイメージですよね。

でもだんだん成長してくると、箱型筆箱からファスナー付きのペンケースに買い替える子どもが多くなるんです。

今回は、小学生の箱型筆箱の買い替え時期や、買い替えの頻度、また、筆箱はどこで買うものなのかなどを紹介していきます。

小学生のお子さんがいるなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

幼児・小学生・中学生コースがあります

>> スマイルゼミの資料請求はこちら(公式サイト)

筆箱の買い替え時期や頻度はどれくらい?

小学生の筆箱を、箱型筆箱からファスナー付きのものに買い替える時期は、小学校中学年頃になってからです。

そして買い替える頻度は、筆箱が汚れてきたらでOK。

私も小学3年生の頃には、箱型筆箱からファスナー付きの袋タイプのものに買い替えましたよ!

同級生たちも、小学校低学年を終えると、箱型筆箱ではなくファスナー付きの筆箱に買い替えていました。

やっぱり3年生にもなってくると、もっと可愛かったりオシャレだったり、カッコいい筆箱を欲しがるようになるんですよね。

それに、小学校中学年になってくると、筆箱に入れる物もだんだんと増えてきます。

えんぴつや消しゴム、赤ペン、定規だけでなく、サインペンとかコンパスとか、オシャレな女の子なら、ラメ入りのキラキラインクが入ったペンなども欲しがるでしょう。

箱型筆箱だと入りきらないんですよね…。 

ということで、小学校3年以上になってくると、筆箱の形状も変わってきます。

そして、筆箱を買い替える頻度ですが、基本的には汚れてきたりボロボロになったり、ファスナーが壊れたなど、使えなくなった時ですね。

そのため、そんなに筆箱を買い替える頻度は高くないでしょう。

ただしオシャレ好きな女の子なら、1学期に1回の頻度で新しい筆箱に買い替えたがる場合もありますよ!

私の子供の頃でも、オシャレな女の子は筆箱を1学期ごとに買い替えていたりしました。

やっぱり女の子は特に可愛いものやオシャレなものを持ちたがる時期になってきますからね。

ぜひ女の子には可愛らしい筆箱を持たせてあげると良いですよ!

>> 無料で相談できます!保険見直しラボを見てみる(公式サイト)

小学生の筆箱はどこで買うのがベスト?

小学生の筆箱は、文房具店や大型スーパーや雑貨店、もしくは100均やホームセンターなどの文房具コーナーで買うのがおすすめですよ。

特に小学生の筆箱をどこで買うべきか迷った時は、小学校近くにある文房具店へ行きましょう。

そうすれば無難な筆箱を購入することができますよ!

でも、キャラクターものや、オシャレだったりカッコいいデザインの筆箱を買う場合は、大型スーパーや雑貨店、100均やホームセンターの文房具コーナーに行くと良いでしょう。

きっと、子供の好みに合う筆箱を買うことができますよ。

私も小学生の頃、有名文房具チェーン店で、可愛い筆箱を買ってもらった記憶があります。

小学生でも中学年以上になってくると、持ち物にだんだんこだわるようになってくるもの。

そうなったら近所の文房具店ではなく、大型スーパーや大手チェーン雑貨店、100均などの文房具コーナーで選ばせてあげてくださいね。

幼児・小学生・中学生・高校生コースがあります

>> 資料請求はこちら(Z会公式サイト)

筆箱の形は小学校で決まりがあったりする場合も!?

筆箱の形って小学校によっては、この形でないとだめ、と決められている場合もあります。

例えば布製の筆箱はNGとか、キャラクターものの筆箱はNGなどですね。

その決まりがある場合は、違反しないようにくれぐれも指定されている筆箱を持たせるようにしましょう。

もし小学校で筆箱に決まりがあるのなら、小学校の近所の文房具店で筆箱を購入すると良いですよ。

たいてい、小学校の近くにある文房具店では、指定されている文房具を取り扱っています。

そこで筆箱を購入すれば問題なしです。

ただ、小学校で使う筆箱に決まりがある場合って、子供たちがちょっとかわいそうですよね…。

本当はもっとオシャレな筆箱が欲しいのに、指定されていてつまらない形状やデザインの筆箱しか持てないなんて、嫌がる場合もあるでしょう。

もし子どもが指定の筆箱を嫌がったりしたら、家でだけ使う用として、好きなデザインの筆箱を買ってあげるようにすると良いですよ!

学校へは持って行かず、家で自分の文房具を入れておく用で、お子さんが気に入ったデザインの筆箱を持たせるようにすれば、すごく喜びます!

そうすれば勉強もはかどる場合もあるので、何かとメリットもあって良いですね。

筆箱って、小学生にとっては何気に重要なアイテムでもあります。

学校に気に入った筆箱を持って行けないのなら、ぜひ家で使うものを好きな筆箱にしてあげましょう!

ただし、くれぐれも間違って学校へ家用の筆箱を持って行かないように、注意させるようにすること。

学校へ持って行ってしまうと、先生に見つかって没収されてしまうかもしれません。

必ず家でのみ、お子さんの気に入った筆箱を使わせると良いですよ!

箱型筆箱はいつまで使う?まとめ

箱型筆箱はいつまで使うかというと、だいたい小学校低学年くらいまでです。

中学年以上になってくる頃が、筆箱の買い替え時期ですね。

筆箱は、汚れたり壊れたりした時が買い替えのタイミングなので、買い替え頻度は基本的にはそこまで高くありません。

筆箱を買い替えることになったら、文房具店や大型スーパーや雑貨店、100均やホームセンターの文房具コーナーで、お子さんの気に入ったものを探すと良いでしょう。

ただし、学校で筆箱が指定されていることもあるので、その場合には気に入った筆箱は家用として使わせるようにするとお子さんも喜びますよ!

無料体験教材と資料の申し込みができます

>> こどもちゃれんじはこちら

>> 進研ゼミ小学講座はこちら

>> 進研ゼミ中学講座はこちら

>> 進研ゼミ高校講座はこちら

タイトルとURLをコピーしました