スポンサーリンク

にんにくを食べた翌日仕事が!体臭を消すにはどうすればいい?

にんにくを食べた翌日仕事が!体臭を消すにはどうすればいい?

にんにくを食べた翌日仕事だと、体臭が臭くなって困りますよね!

ニンニクくさいのを消すには、食後にヨーグルト(乳製品)を食べたり、熱いお風呂や運動で汗をかいたり、トイレで食べた物を排泄するといいですよ。

にんにくって美味しいけど、どうしても次の日の体臭が気になるところ。

仕事で人と会った時に相手に「臭っ!」と思われたら、すっごくショックですよね…。

そこで今回は、翌日のニンニクしゅうを防ぐ方法をいくつか伝授します!

料理を食べた後に実践してみてください。

スポンサーリンク

にんにくを食べた翌日の体臭をなんとかしたい!

にんにくを食べた翌日の体臭を防ぐ方法はこちらです。

  • 牛乳を飲んだりヨーグルトやチーズなどの乳製品を食べる
  • にんにくを食べた後に汗をよーく流すようにする
  • トイレに行き食べた物を排出する

また、どうしても体臭が心配な時は、デオドラントシートを使うのもおすすめです。

翌日汗をかいた際に使いましょう。

仕事などで人と会うのなら、念のため準備しておくと安心ですね。

ではより詳しく、にんにくを食べた翌日に体臭が臭くならない方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ニンニク臭いのを消すには食後の牛乳やヨーグルトが効果的

牛乳を飲む

牛乳には、にんにくのにおい成分が体内に吸収されるのを抑える作用があります。

そのため、ニンニク料理を食べた後は、最低でも牛乳を200mlは飲むようにしましょう。

もちろん、料理を食べる前に牛乳を飲んでおくのも効果的。

にんにくを食べることがあらかじめわかっているなら、食事の前に牛乳を100ml飲みましょう。

そして、料理を食べた後にもう100ml飲むようにすれば、より効果的に体臭を防げます。

ヨーグルトやチーズを食べる

牛乳と同様、ヨーグルトやチーズなどの乳製品も、にんにくのにおい成分が体内に吸収されるのを抑制できます。

食後のデザートとしてヨーグルトを食べたり、料理と一緒にチーズを食べると良いですね!

そうすれば、翌日の体臭は気にならなくなるでしょう。

にんにくを食べたら汗をかく!

熱いお風呂に入って汗をかく

にんにくを食べた後は、とにかく汗をかくことがおすすめ!

夕食ににんにく料理を食べたのなら、熱めのお風呂にゆっくり浸かってたっぷり汗をかくと良いでしょう。

すると、汗に含まれているニンニクのにおい成分を排出できます。

サウナに入るのもおすすめですね!

ただしサウナやお風呂で汗を流す場合は、脱水症状を引き起こさないように気を付けましょう。

飲料水を持って、こまめに水分補給をしてください。

そうしないと体内の水分が過剰に流れ出てしまうので、とっても危険ですよ。

運動をして汗をかく

にんにく料理を食べた後は、運動をして汗を流すのもとっても効果的。

すると、にんにくのにおい成分を含んだ汗が流れ出ていきます。

翌日仕事で体臭がにおってしまう心配もないですよ。

にんにくを食べたら、ジョギングやウォーキングなどで汗をかくようにしましょう。

>> SOELU(ソエル)を公式サイトで見てみる

トイレに行って排泄する

にんにく料理を食べたら、できれば早めにトイレに行き便を排泄しましょう。

そうすれば体内からにんにくの成分も排出できます!

以上が、にんにくを食べた翌日に体臭をキツくさせない秘訣です。

汗を流すと、たしかに臭いが流れ出る感じがしますよね。

便は、コントロールがなかなか難しいですが、食後にたっぷりヨーグルトを食べるといいですね。

しかも、ヨーグルトも臭い消しに良いので一石二鳥。

今回紹介した体臭対策を知っておけば、翌日仕事などで人に会う予定があっても、体臭ケアができるので安心ですよ。

>> 食材宅配オイシックスの「おためしセット」を見てみる(公式サイト)

にんにくを食べると翌日臭いのはなぜ?

そもそも、にんにくを食べると翌日に体臭が臭くなってしまうのはなぜでしょうか?

それは、にんにくの匂い成分が血液中に溶け込み、汗となって出ることで臭ってしまうんです。

にんにくには、アリインという成分が含まれています。

これ自体は無臭なのですが、調理されることによってアリインが破壊され、アリシンという成分に変わっていきます。

この「アリシン」こそが、にんにく特有のにおいを発するものなんです。

そしてこのアリシンによって強い刺激臭を発しているニンニク料理。

にんにくを食べることで、血液中にアリシンが含まれるようになってしまうんですね。

汗はもともと血液から作られています。

そのため、血液中にアリシンが含まれた状態のまま汗をかくと、体臭がにんにく臭くなってしまいます。

私は、口臭はともかく、なぜにんにくを食べると体臭が臭くなるのか疑問でした。

翌日に汗をかくからなんですね。

だから、食後にたっぷり汗を流すと翌日のニンニク臭を防ぐのに効果的!ということに納得です。

スポンサーリンク

にんにくを食べた翌日仕事のときの対処法 まとめ

にんにくを食べた翌日に体臭がにおうのは、にんにくのにおい成分を血液が吸収して、汗となって流れ出てしまうからなんです。

にんにくを食べた次の日が仕事の場合には、「乳製品を食べる」「汗をかく」「便を排泄する」などして臭いを消しましょう。

汗を拭くために、デオドラントシートを持参すると安心です。

そうすれば、翌日、人に会う予定があっても臭いと思われませんよ。

ニンニク料理って、おいしいしスタミナもつくから食べたい!

でも、翌日仕事だと、体臭が気になって諦めることもよくあります。

でも、汗で流れるならいいですよね。

飲んだ時は、翌日に早起きして運動したり、朝風呂も良さそうです。

>> うちヨガ+を公式サイトで見てみる

↓ スタジオでLAVAのヨガレッスンを受けたい方はこちら

>> ホットヨガスタジオLAVAを公式サイトで見てみる

タイトルとURLをコピーしました