ベビーフードだけで育てたらダメなの?離乳食のお悩みを解決!

ベビーフードだけで育てたらダメなの?離乳食のお悩みを解決! 子育て

結論からいうと、ベビーフードだけで育てたって問題ありません。

確かに赤ちゃんに食べさせる離乳食って、きちんとママが手作りしないといけない、というイメージがありますよね。

でも、市販されているベビーフードは、きちんと赤ちゃんに必要な栄養を考えて作られています。

健康に影響を与えたり味覚を変にしてしまうこともないため、安心して食べさせることが出来るんです。

今回は子育てで奮闘中のママパパのために、ベビーフードだけで育てたらダメなのか、また、離乳食にベビーフードを食べさせるメリットは何かを解説します。

育児をもっと気楽にしていきませんか?

離乳食はベビーフードばかり…手作りしないとダメ?

離乳食は手作りする余裕があるのなら、手作りしたものを与えても良いですが、ベビーフードのみでも健康に悪影響を及ぼすことはありませんので心配しないでください。

アメリカに住んでいた知人によると、離乳食と言えば全てベビーフードなんだそう。

ベビーフードばかりでも、子供はしっかり育つということなんですね!

どうしても離乳食ってきちんと野菜を茹でて裏ごししたり、おかゆを作ったり、手作りしないとダメという考えがまとわりついてしまうもの…。

でも、まずその考えは捨ててしまって大丈夫ですよ!

私の友人も、娘さんが赤ちゃんの時は、ベビーフードを薬局などで買って食べさせていましたよ。

でも、その娘さんは健やかに成長し、現在4歳になりますが至って普通に元気の良い子に育っています。

ということで、ベビーフードだけで育てたって悪いことではありません。

くれぐれも不安がらずに安心してくださいね。

ベビーフードって市販の食べ物だから、なんとなく栄養が偏りそうとか、子育てを手抜きしている、という考えにとらわれてしまいがち。

でも実際には栄養はしっかり摂取できるし、子育てを手抜きしているということにはなりませんので、罪悪感を抱かないようにしましょう。

ただし、どうしてもベビーフードばかりだと気になるという場合には、夕食のおかずを作るついでに多めに野菜を切っておき、煮て裏ごししたりみじん切りにしたものをベビーフードにプラスすれば良いでしょう。

そうすればより栄養価が高くなるので、より安心して離乳食を赤ちゃんに食べさせることが出来ますよ。

また、おかずはベビーフードだけで、お粥だけは作るというママもいました。

でも、ただでさえ育児で大変なママ。

全て完璧にやろうとすると参ってしまいますよ。

離乳食を食べさせるだけでも一苦労です。

育児の負担を減らすためにも、頼れるものには頼りましょう!

これからは心置きなくベビーフードを活用して、離乳食を赤ちゃんに食べさせてくださいね。

離乳食とりわけレシピ付きのメニュー(プチママ)もあります

>> 食材宅配のお試しセットをヨシケイで見てみる(公式サイト)

離乳食をベビーフードだけにすることのメリット

離乳食をベビーフードだけにするメリットはこちら。

  • 離乳食を手作りするという手間や時間を短縮できる
  • ベビーフードは安全性と栄養価が高い
  • ベビーフードは種類が豊富
  • ベビーフードは赤ちゃんもおいしく食べられる

では更に詳しく、離乳食をベビーフードだけにするメリットを紹介します。

離乳食を手作りする手間や時間を短縮できる

離乳食って手作りしようとすると結構手間がかかるし大変ですよね…。

でもベビーフードなら、開封し赤ちゃん用の器に移してから温めれば良い、というだけのものが多いので、すぐに用意できて楽ちんです。

子育てを手抜きしている、というように罪悪感を抱くかもしれませんが、その必要はありませんよ!

子育てはとっても大変なので、手抜きできるものはどんどん無理せず手抜きをしてしまって大丈夫なんです。

ママパパも、子育てで慌ただしい毎日を過ごしているでしょう。

離乳食くらいは手抜きしても問題なしです。

子育てをもっと気楽に構えていけるように工夫しましょう。

ベビーフードは安全性と栄養価が高い

ベビーフードって当然、赤ちゃんが食べる用として作られていまず。

そのため、品質も安全性が高く、しかも栄養もしっかりバランスを考えているものが多いのです。

大変な思いをして離乳食を作るよりも、ベビーフードのみを赤ちゃんに食べさせた方が、実はかなり効率的な子育てになるんですよ。

だからこそ離乳食をベビーフードだけにするって、メリットがあるんですね。

ベビーフードは種類が豊富

ベビーフードって想像以上にいろんな種類があります。

野菜の栄養をたっぷり使ったものもあれば、魚の栄養を多く含むものもあり、赤ちゃんによりたくさんの栄養を摂らせることが可能になるのも、ベビーフードのメリットといえるでしょう。

野菜だけでなくフルーツの栄養が摂れるタイプのものもあるため、ビタミンを赤ちゃんに摂取してほしい時にも役立ちますね。

私も少しベビーフードを調べてみましたが、本当に種類が豊富で驚きました。

これだけの種類を手作りで、というのはとても大変です。

十分赤ちゃんの健康キープのためにもあるので、ベビーフードを取り入れていきましょう。

ベビーフードは赤ちゃんが美味しく食べられる

ベビーフードは、赤ちゃん自身がおいしいと感じるように作られています。

赤ちゃんが美味しいと感じてくれないと、なかなか食べてくれませんからね。

せっかく頑張って手作りしても、食べてもらえないとやっぱりつらいもの…。

でもベビーフードなら赤ちゃんが美味しく食べてくれるので、食事をさせるのもうんと楽になりますよ。

ママパパの負担も軽減されるでしょう。

以上が離乳食をベビーフードだけにするメリットです。

こうして見ると、本当にベビーフードってかなり優れている食品なんですよね。

赤ちゃんはベビーフードばかりでも健康にすくすくと育つので、安心して離乳食に活用していきましょう!

>> 食材宅配のお試しセットをヨシケイで見てみる(公式サイト)

ベビーフードだけで育てたらダメなの? まとめ

離乳食はベビーフードだけで育てたとしても問題ありません!

赤ちゃんの離乳食がベビーフードばかりでも、栄養をバランスよく摂取できるし、ママパパの負担も軽減できるし、赤ちゃんも美味しく食事を楽しむことができます。

ベビーフードってすごく手軽に用意できて、簡単に赤ちゃんに栄養を与えることが可能な優れもの。

安全性もあり種類もかなり豊富なので、子育てで毎日大変な思いをしているのなら、ぜひともベビーフードに頼ってくださいね!

>> 食材宅配オイシックスの「おためしセット」を見てみる(公式サイト)

タイトルとURLをコピーしました