エイプリルフールのネタには家族を!午後に嘘ついたらダメって本当?

エイプリルフールのネタには家族を!午後に嘘ついたらダメって本当? 暮らし

エイプリルフールには、友達や同僚に家族関連のネタで嘘をつくのがおすすめです。

家族に有名人がいるとか、実は母親が外国人なんだ、などと言うと良いでしょう。

嘘のネタって結構悩みませんか?

それに、エイプリルフールだからといって、どんな嘘をついても良いというわけではないんです。

午後に嘘ついたらダメ、というルールもあるんですよ。

(嘘をつくのは午前中までと決まっているなんて、今まで知りませんでした!)

エイプリルフールにぜひ使ってほしい家族関連のネタや、ルールについてご紹介します。

スポンサーリンク

エイプリルフールのネタには家族がおすすめ

エイプリルフールには、家族関連のネタを使って、すぐにバレそうだったり、逆に信じ込ませるような嘘をつくのがおすすめです!

親が芸能人!みたいなネタを使うのが良いでしょう。

エイプリルフールの日って、嘘だとすぐにわかるネタを言うのもとても面白いですよ!

家族に有名人がいると言う

今まで隠してたけれど実は家族があの超人気な有名人なんだ、と言って嘘をつけば、友達から「え?本当!?」という反応をもらえるでしょう。

エイプリルフールは大成功間違いなしです。

もちろん、後からネタばらしをすればOKですよ。

片親が外国人だと言う

母親が実は外国人なんだよ、という嘘をつけば友達から「え?本当に?ハーフなの?」と言われるでしょう。

もしあなたが思いっきり日本人顔をしているなら、嘘であることがすぐ見抜かれるので、それはそれでまた楽しいものですよ!

日本人顔をしているのに、ハーフだというネタで嘘をつけば「全然ハーフには見えないけれど…?」と言われるでしょう。

そうしたらすぐにネタばらしして「嘘なんかい!」と友達や同僚にツッコんでもらうとなお良いでしょう。

いないはずの兄弟がいると言う

実際にはいない兄弟や姉妹がいる、というネタもおすすめ。

友達は普通に「へーそうだったの」と信じ込むので、後でネタばらしをした時の反応が楽しみですよ。

相手も信じ込むので見事に成功するでしょう。

このように、家族ネタで嘘をつくのが一番無難ですね。

他には、親と本当は血のつながりがなくて、実の親の顔を知らない…。という嘘も、きっと成功するでしょう。

でも友人や彼氏、彼女に話すと、心配させてしまうかもしれません。

すぐにネタばらしをするとか、話す相手によっては使えるネタかもしれませんね。

基本的には、楽しく過ごせるようなネタがベストです!

スポンサーリンク

エイプリルフールって午後に嘘ついたらダメ?何時までOK?

エイプリルフールの日には「午後に嘘ついたらダメ」というルールが存在しています。

また相手を傷つけてしまうような嘘をつく、というのも絶対にNGとされているんですよ。

嘘は午前中に!午後にはネタばらしを

エイプリルフールに嘘をついていいのは午前中の時間帯だけ、というのはあまり知られていません。

でも、午後になったら午前中に着いた嘘のネタばらしをする、というのが正解なんです。

傷つけるような嘘はNG

また、誰かを傷つけたりショックを与えるような嘘や、相手をものすごく心配をさせるような嘘を言ってはいけません。

例えば「もう嫌いになったから別れよう」と嘘をついたり、「家族が死んじゃったんだ」と、心配をかけるような縁起でもない嘘をつくのもいけないことです。

また、友達に「○○(友達の名前)の家が火事だよ!」などという嘘をつくのも絶対にNG!!

エイプリルフールっては、どんな嘘でもついてOKな日、嘘をついても怒られない日、というわけではないんです。

誰かを傷つけたりしたり心配させるような嘘は、嘘をついても良い時間帯でも絶対に言わないようにしましょう。

反応によってはすぐにネタばらしを!

ちなみに私は以前友達に、髪飾りのシュシュが好き、という嘘をついたことがあります。

すぐに買ってきそうな勢いだったので、その場でネタばらしをしておきました。

あまりにも相手が信じ込んでしまうようなら、午後まで待たずに、すぐにネタばらしをした方が良いですね。

スポンサーリンク

エイプリルフールのネタには家族を! まとめ

エイプリルフールにおすすめなのは、家族に有名人がいるとか、片親が外国人など嘘とも本当ともとれるような家族関連のネタを言うことです。

ただし、エイプリルフールは午後に嘘をつくのはルール違反です。

午前中でも、誰かを傷つけたり心配させるような嘘をつくのもNGなので、ぜひ覚えておいてくださいね。

友達と笑い合えるような、本当にくだらないネタの嘘を見つけてくださいね!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました